川越骨董市

ども(´・ω・`)himiです。

川越です。
川越骨董市は毎月28日固定なので平日開催がほとんど。
年に数回休日に当たるので、そこを狙って行ってます。

まぁ・・・有給とって行くこともあるけどw

骨董市日和!
てか日差しが暑い!

骨董市自体久しぶりだったので気合十分で出掛けました。

DSC_0231.jpg

いいね~町並みがたまらん。

さて、さっそく戦利品。

DSC_0258.jpg

蝶々柄の紬の袷着物。
状態良好。
一目で気に入ってしまって手放せなかった。
2000円。

DSC_0259.jpg

同じお姉さんとこで。
夏物だけど、こっち側だったら秋口締められるんじゃないかな・・・←適当

DSC_0260.jpg

反対側は絽な帯1000円。

DSC_0257.jpg

麻の葉と牡丹?の銘仙単衣。
早く着ないと春まで待つハメに・・・
こちらも状態よく500円。

いつも寄るお姉さんとこなんだけど、最近旧家で着物を仕入れたらしく
その着物が今日初出して色々揃ってたみたい。
どうりで・・・他にもいいなぁ、と思うものはあったのだけど得に気に入ったものをお嫁入り。

DSC_0270.jpg

秋色帯揚げ1000円
帯締めは3本1000円

はっきりした色の欲しかったので、いいのが見つかった。
いつも色々な柄や色が混ざったのばかり買うから柄帯に締めるとぼんやりしちゃってた。

DSC_0262.jpg

椿と梅の刺繍帯。
状態よかった。
刺繍帯って刺繍の部分案外状態いいの多いんだけど、生地が汚れて
「・・・・・・ちょっと・・・」ってのが多い気がします。
現に、最初に手にした紅葉の刺繍帯は垂れに目立つ染みがあった。
これは全体的にキレイで、色といい柄といいピンポイントで好みだったので即買い。
黒地に刺繍は沢山見るんだけどね・・・・
今度はブルー系の生地に刺繍が欲しい。見たことないけどw

DSC_0263.jpg

締めるのが楽しみ。4000円。

DSC_0256.jpg

色合いに惚れたわ。
小さいけど対丈決定だけどな着物。

DSC_0255.jpg

木蓮柄の羽織。
胴裏の内側の裏地がかなり弱ってて、穴開いてるとこもあったんですが
表地はキレイだったので。
裏見えないし、これ以上穴が広がらない様に簡単に修繕だけします。

そう、もうすぐ大好きな羽織の季節なの~!

着物と羽織それぞれ1000円。

つまみ細工用生地とか、小物も買ったり
川越の街散策したり。

あ、そういや栄屋さんが閉店した後のお店見てきた。
店内も店外の1000円コーナーもそのままだったw
品揃えもよく、羽織すっごい可愛いのあったのだけど・・・・
流石に散財の後には厳しかった。

まぁ、可愛過ぎたってのもあるけど。

また川越行った時にお邪魔する~♪

DSC_0251.jpg

謎多き川越!!!
魅力たっぷりだよ!w
スポンサーサイト
Category: 骨董市+戦利品
Published on: Wed,  01 2014 21:16
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

Post a comment