【初心者】つまみ細工の制作過程(。╹ω╹。)其の参

最後です(。╹ω╹。)

色々スッパ抜けてます(土下座



糊台の上で寝かせて糊を吸った花弁を葺き台の上に1枚ずつ乗っけていきます。
手を拭く様に濡れ布巾用意しとくとよいです。

糊だけでも十分付くのですが私は手芸用ボンドを補助に塗ってから葺いてます。

8_20130611003539.jpg

葺き台に置く前に、花弁を整えて余分な糊を落とします。

9_20130611003542.jpg

内側の花弁が1.5cm
外側が2cmの布でつまんだ花弁。

バランスよく置いてきます。
これが案外むずいんですが・・・・・

10_20130611003545.jpg

1.5cm
2cm
1.5cm

の順番で葺きました。
形悪いな・・・・・・・
この後、ピンセットで整え直した(。´╹A╹`。)
速乾性では無いので、乾くまではいくらでも修正出来るので
自分で納得いくまでいじるといいかと!

同じ要領で梅型も葺きます。

11_20130611003611.jpg

花芯は、色々です(。╹ω╹。)
座金にパールが多いですが、パールだけとかスワロフスキーだけとか
造花に使う花芯だったり・・・・・

色々組み合わせてみると面白い。

糊が乾いたら、組み上げます。

造花などに使うフローラルテープでぐるぐる巻く←大雑把
フローラルテープの前に糸等でぎっちり締めた方がいいみたいですが
私は今んとこ使ってません。
でも、きっちりフローラルテープ巻けないと緩むので使った方がいいかも←

12_20130611003614.jpg

裏側

13_20130611003617.jpg




あとは、クリップに針金でぐるっと留めて完成です。

14.jpg

完成してから、もう少し花があるとよかったなーとか思ったのですが
ちょっと横から見たりすると貧相なので横に小花を増やして
クリップと花の接合部分が見えない様にするべきでした(。╹ω╹。)

次、気を付けてまた頑張ります。

ここまで見て下さった皆さん、ありがとう御座いました。

手軽に始められる、つまみ細工ですが凝り出すととっても材料使いますw
でも仕上がった時の感動とはかなげなかわいさに病みつきになる。

【今回使用した道具】
・ローラーカッター(沢山切らないのであればハサミでOK)
・定規
・カッティングマット(小さいのが100均で売ってます)
・糊(でんぷん)
・手芸用(木工用)ボンド
・ボンド(金属接着可能なもの)
・ピンセット
・糊台(下敷きでOK)
・目打ち(針でOK)葺き台に穴あける
・ラジオペンチ(先の細いもの)

【今回使用した材料】

・リバティ布(12cm×12cm)
・古布(絹適量)
・クリップ(装飾の無いもの)
・座金
・パール
・針金(クリップに華を取り付ける用、クリップと同じ色味のが良)
葺き台
・針金
・厚紙
・古布(厚紙に巻く分)


道具は殆ど100均で買えます(。╹ω╹。)ちょっとやってみたいんだけど
最初から本格的には・・・・って方は大きめの100均へGO!

今後も地道に作品増やしてきたいと思います♪
スポンサーサイト
Category: つまみ細工の作り方
Published on: Sun,  16 2013 15:09
  • Comment: closed
  • Trackback: closed