【初心者】つまみ細工の制作過程(。╹ω╹。)其の壱

ちょこっとだけ初心者なりの
つまみ細工メイキング(。╹ω╹。)パチパチパチ

今回の完成形

14.jpg

それでは行ってみよ~

と、写真撮り忘れたり片手で作業して片手で写真とか
撮れない場面も多く色々抜けてます。

すみませぬ(。´╹A╹`。)

まずは生地を用意します。
今回は、柄部分はリバティのカットクロス20枚SETを購入した内の1枚です。
12cm×12cmなのでそこそこ作るものが限られてきます。

1_20130611003454.jpg

裁断したら、結構ギリギリ・・・・
プラス、白い生地。
これは古布の絹。
着物の裏地を使ってます。

サイズは、2.5cm角。
青生地が2cm角。
二重でつまむと、白布に青布がくるっと包まれるサイズ。
白を2.2~2.3m角にするとまた雰囲気変わります。
ただ、このサイズは伸縮が無い布に対して。
いつも使ってる一越ちりめんは伸縮することを考えてサイズを変えます。

15.jpg

葺き台を作っておきます。
台に花びらを置いていく作業を「葺く」というそうです(。╹ω╹。)
これは、まだサイズ試行錯誤中・・・・
今回は直径2.6cmと2cmの2種類。
いくつか組み合わせるのでワイヤーを通して作っておきます。

厚紙に白布とおなじ絹を巻いて、ワイヤー通してから、一回り小さい○紙を貼るだけ。
でも、結構これも地味に作業が大変w

2_20130611003457.jpg

次に糊台を用意します。
澱粉糊です。
台は何でもいいかと、下敷きとかで。
ちょっと台の上で糊を練り練りしてみます。
硬かったら水を足してみたり使う生地や室温によって水分は
調節した方がいいようです。

数ミリ程度に伸ばしたらOK。
この糊の厚みも、生地によって調節します。
つまみ細工奥が深いです。

左下にぼてっと、塊残してるのはワザと(。╹ω╹。)
つまむ時に使います。

その弐へ続く
スポンサーサイト
Category: つまみ細工の作り方
Published on: Tue,  11 2013 01:35
  • Comment: closed
  • Trackback: closed